スタッフ

イメージシートを利用しよう|企業の宣伝にもなる

建設現場で使われるシート

作業員

建設現場では、さまざまな種類の養生シートが使われています。建材を保護するものや、防音対策のものなどがあります。養生シートの使用で注意すべき点は、条例に定められた規定を守ることです。条例に適した養生シートを選択するようにしましょう。

詳細

適切に使おう

工事現場

建設現場などで使用される養生シートは、オリジナルで作成することが出来る場合もあります。地域の景観を損なうこと無く設置することが出来るというメリットがありますが、ハトメの数には注意をするようにしましょう。

詳細

塗装作業に必須のアイテム

笑顔の男性

オフィスや店舗、住宅などの壁や床を塗装する際には、周辺部分に塗料が付着しないよう養生シートが必須となります。滑りにくい養生シートは安全性が高いため作業現場でも人気があります。使用の際には周辺の構造に合わせてシートを隙間なく張り、マスキングテープでしっかり固定することが大切です。

詳細

現場シートとは

ウーマン

特徴は

建築工事が始められるに当たっては、仮設足場が建物周囲に組み立てられて、人や物の落下を防ぐために養生シートあるいは現場シートが貼られます。これは、同時に工事現場の騒音や吹き付け塗装の飛散を防止する意味もあります。そこには安全第一などの用語が掲げられて、工事が安全に進められるように注意書きと願いが込められている場合も多いものです。ところが、最近はこのイメージシートや養生シートが広告塔の役目を果たすように変化して来ています。建設会社のロゴマークや会社名、所在地や電話番号、その他に場合によっては写真やイラスト、キャッチフレーズなども取り入れられカラフルにもなってきています。イメージシートや養成シートは遠方から見てもよく目につきますし、道路際である場合には通行人は毎日と言って良いほどに見るわけですから、宣伝の効果は大きいとも言えます。

知っておくと良い情報とは

養生シートは、安全シートとか現場シートとか呼ばれ、建設現場でよく使われるものです。一般にはものが傷付けられないようにそれをカバーする目的で使われるものです。あるいは雨から建築資材等を守る為とか、冬場床のコンクリート打設に際して表面が凍らないようにカバーして養生期間を取る場合にも使われます。最近ではブルーに限らず白とかグレーの場合もあり、目的によってもその素材も違って来ます。会社名その他を印刷した養生シートの場合には視認性に優れ、どこの建設会社が施工を行っているのかも分かりますし、もし現場近くで交通事故などのトラブルが起こった場合も場所の特定が素早くできます。そして内部へは入れませんが一種の施工の展示場でもあり、この会社に頼みたいとか問い合わせたいとなった場合にも連絡がつきやすくなるというメリットを持っています。